保護者様の声

Time spent at YGK
will be a lifetime treasure

YGKの在園児・卒園児の
保護者様の声をご紹介します

  • Rちゃん

    R

    Rちゃんのお母さんより

    ーFrom R's momー

    娘のラダの入園する幼稚園を選ぶにあたって、YMCAグローバルキンダーガーテン(YGK)を選んだことは非常に幸運だったと感じています。
    娘はYGKで多くのことを楽しく学び、様々な面で成長しました。先生たちは教科指導だけではなく、忍耐強く、そして責任を持って子ども達の面倒をしっかりとみてくれました。娘がYGKで大きく成長出来たことに保護者として感謝をしております。英語での読み書き、コミュニケーションを行う力を身に付けることが出来ました。また、読書の楽しさも学びました。娘が大好きだったアートクラフトでは多彩な活動を楽しみました。音楽やパフォーマンスのイベントでは娘やお友達が歌い、踊り、演じる姿に感動しました。先生たちの優しく、辛抱強く、クリエイティブな指導のお蔭で、飽きたり、ストレスを感じたりすることなく、これらの行事を楽しんでいました。動物や植物を愛おしみ、環境を大切にする気持ちもYGKで学びました。自分でトマトを育てたり、お芋ほりに出かけたりもしました。また、とても大切な社会性や思いやりの気持ちもYGKで学びました。お友達を作り、友情とチームワークの喜びを学びました。友達との別れの痛み、再会を願う気持ちもここで経験しました。カブクラス(年長クラス)では、お友達や先生と一緒にお泊り保育に出かけ、生まれて初めて私たち両親と離れて一泊二日を過ごし、とても楽しく過ごせました。また、スポーツを楽しみ、競争する気持ちも育ちました。娘にとってYGKは第二の我が家のような存在です。幼児期という大切な時間をYGKで過ごすことが出来たことに感謝します。YGKのお蔭で、娘は自分自身と彼女を取り巻くこの世界にポジティブな気持ちを持つことが出来ました。YMCAで大切にしている「思いやり」「責任感」「正直さ」「尊敬心」を、YGKはしっかりと伝えていると思います。

  • Mちゃん

    M

    Mちゃんのお母さんより

    ーFrom M's momー

    私たちの娘のマリッサはとても優しくかわいらしい子なのですが、物事の変化に非常に敏感なところがあります。ですから、YGKに入園をさせる手続きをしたときには、彼女にとって全く未知のこの国で、異なる文化や学校システムに果たして彼女が順応していけるのか、親として心配していました。ですが、蓋を開けてみると心配は杞憂に終わりました。入園するとすぐに娘は園での生活をとても楽しむようになり、今度は別の問題が持ち上がりました。園に行くのを楽しみにするあまり、園がお休みの週末にも、文字通り毎日園に行きたがるようになったのです。ミニコンサートや運動会、クラスリーダー、遠足、ごっこ遊び等、たくさんの活動を通して娘はぐんぐんと自信をつけていきました。パピークラス(年少)を終える頃には、小文字を全て、特に自分の名前を、書けるようになったことにとても誇らしげな様子でした。YGKの教職員は、子ども達の小さな変化も見逃さず、様々な文化的背景を理解し、受け入れることが出来るように導く素晴らしい働きをしていました。マリッサにとってこれ以上はない幼児園生活を送ることが出来ました。

  • Sちゃん

    S

    Sちゃんのお母さんより

    ーFrom S's momー

    とにかく子供も親も楽しい3年間でした。
    日本と外国の両方の文化を取り入れているのでイベントも2倍になります!
    お餅つきから始まり、節分、イースター、子供の日、オペレッタ、ハロウィーン、サンクスギビング、クリスマスコンサート等々…。
    いろいろな国の先生方や子供が集まっているので世界に目を向けたプログラムが多くあります。カブクラス(年長)になると世界の環境問題を学ぶレッスンや国々のShow and Tell(発表)などがありました。英語での算数も始まりました。又、課外授業も数多くあります。消防署訪問、警察訪問、図書館訪問、クッキングデーなど…。
    カブクラスになると1人ずつ野菜を育てたり、1泊2日の富士山キャンプもありました。
    たくさんのイベント、レッスン、課外授業によって子供達は大きく成長しました。英語ではPhonicsから始まり、
    イギリスの本を使ったORT、Show and Tellなどいろいろな角度から英語を学びました。
    アメリカ人のママがアメリカの幼稚園と同じプログラムだと話していました。アートにも力を入れており、毎月オリジナルカレンダーを作ったり、季節ごとにたくさんのアートレッスンがありました。ほぼ全員子供達はアート好きになっています。
    オペレッタ、クリスマスコンサート、ミニコンサートに向けてのミュージックレッスンが週2回あり、スポーツデー、エクササイズの為のジムタイムが週1回あります。ほぼ毎日何かに向けて準備をし発表するという1日1日が充実していた毎日でした。
    又、YMCA内にあるので、クラスの後、体操、スイミングなど直接送って頂けるお見送りサービスも魅力的でした。スプリングスクール、サマースクールも充実しています。
    子供が自然に英語も外国の文化や友人も身近なものになり、この3年間で私の望んでいた英語教育が達成できたと実感しています。
    何よりもここYGKで知り合った先生、スタッフ、友達は子供と私の一生の宝物になることでしょう。

  • Kくん

    K

    Kくんのお母さんより

    ーFrom K's momー

     昨年卒園した長男に続き、次男もYGKでお世話になっております。
 子供本人の意思を尊重し、決して無理強いせず、あるがままの姿を温かく見守ってくださる先生方のおかげで、息子たちがのびのびと元気に園生活を送ることができ、大変感謝しております。
 英語の習得に関しては、個々のレベルや発達段階に合わせて指導が進められているように思います。もともと簡単な英語の理解表出が可能だった長男は、さらに複雑な内容でのやりとりが可能となりました。日本語でのやりとりがメインだった次男は、バイリンガル環境にストレスなく順応できていると感じています。
 また、園生活では、ハロウィーンやクリスマスパーティーなど欧米のイベントに加えて、餅つきや節分など日本の伝統行事も体験することができ、多くの文化に触れる事のできる貴重な経験となっていると思います。このような体験を通して幅広い視点、考え方を身につけてもらえたらと思っています。
 クラスは少人数制で、とてもアットホームな雰囲気なので、子供同士の仲間意識や絆も強いと感じています。3年間を通してますます絆を深め、思い出に残る幼稚園生活を送って欲しいと願っています。

  • Rくん

    R

    Rくんのお母さんより

    ーFrom R's momー

    息子は、YGKでジョーイクラスから4年間お世話になりました。
    授業はもちろん、園内では英語でほぼ全ての生活を送るという点が入園の決め手の一つとなりました。
    YGKのこの環境でなければここまで英語は身につかなかったと思います。

    また、団体行動で協調性を学ぶと共に、自分自身で物事を決定し、調べ、考え、発表するというような、自立に導く授業を早くから多く取り入れていた事は、他の園にはあまり見られず、非常に魅力的でした。

    そして、入園して一番良かったと思う事は、先生方はもちろん職員の方々も含め全ての方々が、園児ひとりひとりの個性や身体の事を理解しようと努めて下さった事です。常に心に寄り添って下さいました。それは父兄に対しても同じであったと思います。

    YGKに関わらせていただいてからもうすぐ6年目になりますが、息子は一度も「行きたくない」と言った
    ことは無く、卒園した現在でもYGKの授業のヘルパーやイベントへ参加したり、卒園生が対象の放課後スクールにも通っております。今でもYGKは息子にとって居心地の良い大好きな所となっております。

    最後に、YGKの皆様からはいつも愛情をもって接していただき大変感謝しております。これからも末永くよろしくお願い申し上げます。